menu

Member

教授

楳村 敦詩

yakuri(at)koto.kpu-m.ac.jp ※(at)を@に変換

プロフィール

2000年
京都府立医科大学卒業
2000年
京都府立医科大学研修医
2007年
京都府立医科大学大学院修了
2007年
大阪府済生会吹田病院 消化器内科
2011年
カリフォルニア大学サンディエゴ校薬理学部門 研究員
2015年

京都府健康福祉部健康対策課・医療課 医務主幹
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 併任助教

2016年
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 助教
2020年
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 学内講師
2021年
京都府立医科大学大学院医学研究科 病態分子薬理学 教授

専門

薬物治療学、腫瘍学:発癌機構および癌促進因子、消化器病学:肝癌・膵癌など消化器癌、NAFLD/NASH、星細胞と線維化・炎症、生活習慣病/代謝性疾患:特に癌との関連

所属学会

日本薬理学会、日本臨床薬理学会、日本癌学会、日本臨床腫瘍学会、日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会認定専門医・近畿支部評議員、日本肝臓学会認定肝臓専門医・評議員、米国肝臓学会international member

研究テーマ

【原著】

  • Okuda K, Umemura A, Kataoka S, Yano K, Takahashi A, Okishio S, Taketani H, Seko Y, Nishikawa T, Yamaguchi K, Moriguchi M, Nakagawa H, Liu Y, Mitsumoto Y, Kanbara Y, Shima T, Okanoue T and Itoh Y. Enhanced Antitumor Effect in Liver Cancer by Amino Acid Depletion-induced Oxidative Stress. Front Oncol. Accepted on 15/10/2021
  • Takahashi A, Umemura A, Yano K, Okishio S, Kataoka S, Okuda K, Seko Y, Yamaguchi K, Moriguchi M, Okanoue T, Itoh Y. Tyrosine Kinase Inhibitors Stimulate HLA Class I Expression by Augmenting the IFNγ/STAT1 Signaling in Hepatocellular Carcinoma Cells. Front Oncol. 2021;11:707473.
  • Okuda K, Umemura A, Umemura S, Kataoka S, Taketani H, Seko Y, Nishikawa T, Yamaguchi K, Moriguchi M, Kanbara Y, Arbiser JL, Shima T, Okanoue T, Karin M, Itoh Y. Honokiol Prevents Non-Alcoholic Steatohepatitis-Induced Liver Cancer via EGFR Degradation through the Glucocorticoid Receptor-MIG6 Axis. Cancers (Basel). 2021 Mar 25;13(7).
  • Okanoue T, Shima T, Mitsumoto Y, Umemura A, Yamaguchi K, Itoh Y, Yoneda M, Nakajima A, Mizukoshi E, Kaneko S, Harada K. Artificial intelligence/neural network system for the screening of nonalcoholic fatty liver disease and nonalcoholic steatohepatitis. Hepatol Res. 2021 May;51(5):554-569.
  • Seko Y, Yamaguchi K, Tochiki N, Yano K, Takahashi A, Okishio S, Kataoka S, Okuda K, Umemura A, Moriguchi M, Itoh Y. The Effect of Genetic Polymorphism in Response to Body Weight Reduction in Japanese Patients with Nonalcoholic Fatty Liver Disease. Genes (Basel). 2021 Apr 22;12(5).
  • Terasaki K, Gen Y, Iwai N, Soda T, Kitaichi T, Dohi O, Taketani H, Seko Y, Umemura A, Nishikawa T, Yamaguchi K, Moriguchi M, Konishi H, Naito Y, Itoh Y, Yasui K. SOX2 enhances cell survival and induces resistance to apoptosis under serum starvation conditions through the AKT/GSK-3β signaling pathway in esophageal squamous cell carcinoma. Oncol Lett. 2021 Apr;21(4):269.
  • Shima T, Ohtakaki Y, Kikuchi H, Uchino H, Isomura M, Aoyagi K, Oya H, Katayama T, Mitsumoto Y, Mizuno M, Umemura A, Yamaguchi K, Itoh Y, Okanoue T. A novel rapid immunoassay of serum type IV collagen 7S for the diagnosis of fibrosis stage of nonalcoholic fatty liver diseases. Hepatol Res. 2021 Mar;51(3):263-276.

【2020年以前】
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/myncbi/1NUHaauGlnrA9/bibliography/public/

pagetop

研究准教授

岩田 和実

yakuri(at)koto.kpu-m.ac.jp ※(at)を@に変換

プロフィール

1993年
京都薬科大学薬学部生物薬学科卒業
1995年
京都薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程修了(薬学修士)
1995年
マルホ株式会社中央研究所薬理研究
1998年
京都府立医科大学助手
2003年
京都府立医科大学大学院医学研究科助手
2007年
京都府立医科大学大学院医学研究科助教
2008年
京都府立医科大学大学院医学研究科講師
2016年
京都府立医科大学大学院医学研究科研究准教授

所属学会

日本薬理学会(代議員、学術評議員)、日本臨床薬理学会、日本薬学会、日本糖尿病学会

研究テーマ

[総説]

[原著]

  • 心虚血再灌流障害におけるアルドース還元酵素の役割の解明
    ~遺伝子改変マウスを用いたex vivoおよびin vivo での検討~

趣味

ギター、映画鑑賞、ドライブ、スキー

pagetop

学内講師

松本 みさき

プロフィール

2003年
長崎大学薬学部卒業
2005年
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科博士前期課程修了
2007年
日本学術振興会特別研究員
2008年
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科博士後期課程修了(薬学博士)
独立行政法人医薬基盤研究所リサーチ・レジデント
2009年
京都府立医科大学大学院医学研究科 助教
2017年
京都府立医科大学大学院医学研究科 学内講師

研究テーマ

pagetop